日本が勝ったのは、岡田監督の方針を無視したから!?

ここでは、「日本が勝ったのは、岡田監督の方針を無視したから!?」 に関する記事を紹介しています。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






5月10日のメンバー発表記者会見の時、
岡田監督は言った。
「表現は悪いかもしれないが、ハエがたかるようにチャレンジする」


手汗改善・解消マニュアル

選手達は、90分間プレスをかけ続ける「ハエ」ではなく、
獰猛な「ハチ」になりたかったんだ!!≫ranking





≫他の芸能エンタメサイトも見る→ranking




98年フランスW杯で3戦全敗だった岡田武史監督(53)は
W杯前の強化試合4連敗を受け、
FWに本田、中盤の右サイドに松井を起用するなど選手を入れ替えた布陣で臨んだ。
02年日韓大会を除けば、海外で行われたW杯初勝利。
12年前の同じ6月14日、初戦のアルゼンチン戦に0―1で敗れてから4383日目で雪辱した。
日本は19日、第2戦でオランダに挑む。≫ranking



リラクゼーションガイドブック

 歓喜の水しぶきがベンチ前で上がる中、青いメガネと青いネクタイを身につけた
サムライブルーの指揮官が、力強くガッツポーズした。
2002年日韓共催大会以来となる日本の世界1勝、
海外の大会では初の勝利を見届けた岡田監督は、
はちきれんばかりの笑みで顔をゆがめた。≫ranking

 「守備では選手は最後まで集中して、プレスをかけつづけてくれた。
でも、そこからもう1回前に行く力がなかった。
オランダ戦でまた強いチームとやらなければいけない。
我々はまた一歩進まなければいけない。我々はまだ何も手にしていない」。
W杯ベスト4進出をぶち上げた男は歓喜に浸ることなく、
昨年9月の敵地決戦で大敗した優勝候補との戦いに備えた。≫ranking


ストレスを管理する

 この勝利までは迷走の連続だった。
5月24日の日韓戦で完敗後にシステムを猫の目のように変え続けた。
初戦1週間前に4―5―1の超守備的で、本田を本職ではない
1トップに起用するシフトを緊急導入した。
そもそも、5月10日のメンバー発表記者会見の時点から極限状況だった。
「表現は悪いかもしれないが、ハエがたかるようにチャレンジする」と語ったが、
それは失言だった。
「本当はハチと言うつもりだった。相当緊張していたんだろう」と
監督は近い関係者に振り返ったという。


 そして、船頭がブレ続ける中、選手はハエであることを拒んだ。
「監督はできると思っているけれど、90分間プレスをかけ続けるのは無理」と
ある主力は説明。
ジョージ合宿中の選手間ミーティングで、岡田監督が看板に掲げてきた前戦からの
やみくもな90分プレスを廃止した。
プレシングをかけるタイミングを話し合い、意思統一を図った。≫ranking

 そして、どう猛なハチになった。
「国歌斉唱の時に肩を組みたい。ベンチも組んでもらえますか」。
テストマッチ4連敗で悪い雰囲気を払拭(ふっしょく)するために選手は監督に進言。
そして一致団結。
前半唯一の得点機に、本田が冷静に左足で決勝点を決めた。

 ベンチワークもバッチリ決まり、4383日ぶりに雪辱を果たした岡田監督。
だが、親はなくとも子は育つ。
どん底からはい上がった代表23選手の強靱(きょうじん)な魂こそが、
奇跡の勝利を呼び寄せたのだ。≫ranking
 

≫他の芸能エンタメサイトも見る→ranking

関連タグ : FIFA, ワールドカップ, 岡田監督, 選手, 日本代表, カメルーン, ,

この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/25(木) 09:02 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/28(水) 12:48 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/17(木) 18:35 | | #[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hanachannews.blog18.fc2.com/tb.php/354-152c6799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/21(水) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。